接客サービスマナー検定取得講座 開講

接客サービスマナー検定対策講座

皆さんこんにちは
Be-QOLe マナー講師の豊田京子です。

本日

NPO法人 日本サービスマナー協会
【接客サービスマナー検定3級取得講座】

を開講いたしました。

【接客サービスマナー検定】とは

高度なサービス適性を求められるサービス業を中心に、エアライン、ホテル、ブライダル、リラクゼーションなどの業界だけでなく、医療・介護、金融業界など幅広い分野で浸透している「思いやり」や「おもてなし(ホスピタリティ)」といった

接客サービス能力を判定する検定試験です。

ワンランク上の上質なサービスが求められる時代において【接客サービスマナー検定】は多くの業界で注目を浴びている検定試験です。

本日受講されたK.Y様は、和食店のエリアマネージャーをされている方です。

ある店舗の従業員の方がお客様に対し、とても思いやりのある接客をされていたのを見て「なぜ?」と聞き取りをしたのだそうです。

するとこの【接客サービスマナー検定】の資格を持っていて、接客サービスマナーについて勉強をしました、とをおっしゃったそう。

その話からK.Y様もこの検定に興味を持ち「自分もやってみよう」と取得講座へ申し込んだ、とのことでした。

元々お仕事で接客をなさっていますから、講義の中で現れるシュチュエーションもイメージがしやすかったようで、非常に理解も早く、しっかりと学んでいただくことができたようです。

こちらの検定試験、実は難易度は決して低くなく、試験のみをチャレンジされてもおよそ50~60%の合格率です。

そのため本日のような試験対策講座では、身に付くように解説をしながら進めて参りますので、今後に活かすこともでき、試験合格も叶いやすくすることができます。

まだK.Y様の試験結果はこれから分かるのですが、講義中新たな発見もあったようで、今後のステップアップもご検討されているそうです。

このように、お客様にもっと喜んでいただけるようにと
ご自身の接客レベルを高めて行きたい方 

または
質の高い「プロフェッショナル」を目指す方

わたくしは心より応援して参ります。